レディ

eラーニングシステムを用いた人材教育|社内制度充実化と労働環境

社宅制度のメリット

社宅

多くの企業には福利厚生制度と呼ばれるものが存在し、その福利厚生制度には法定福利厚生と法定外福利厚生の二種が存在します。法定福利厚生というのは、法律によって企業側に義務付けられた福利厚生制度を指します。それに対し、法定外福利厚生は企業側が任意で実施する福利厚生制度です。福利厚生制度の目的というのは、企業に勤める労働者の生活支援にあります。つまりは、人手不足が問題視される現代において、福利厚生制度の充実は労働者の定着化に繋がる重要な制度なのです。重要な福利厚生制度の一つとして、社宅制度が挙げられます。
社宅制度は住環境に関する福利厚生に分類されるもので、企業側が借り上げた物件に労働者とその家族を住まわせる制度です。社宅制度によって労働者が得るメリットというのは、その住居費の安さでしょう。社宅に住む際に支払う住居費の一部は企業側が負担するため、労働者が支払う住居費は安価なものとなるのです。デメリットとしては、住む物件が決められているといった点にあるでしょう。好きな物件に住みつつ住環境の支援を受けられる制度として、住宅手当制度があります。この制度は、月々の給料に住宅手当費を上乗せして振り込むといった制度で、社宅制度と同様に住居費が安価になるといったメリットがあるのです。しかし、住宅手当制度にもデメリットが存在します。この制度では月々の給料に住宅手当費を上乗せするため、住宅手当費が所得税の課税対象に含まれてしまうのです。