レディ

eラーニングシステムを用いた人材教育|社内制度充実化と労働環境

内定者研修の実施意義

講義

企業において、人材の募集を掛けた際には多くの新規人材を雇用することになるでしょう。新規に人材を雇用する際には、雇用した全ての人材に即戦力として就労して欲しいと考えるものです。それを実現するためには、内定者研修を行う必要があるでしょう。内定者研修というのは入社前研修とも呼ばれ、新規に雇用された人材に対して入社後に従事する業務について必要となる内容の研修を行います。その内容というのは、基本マナーを含む知識やスキルの習得です。内定者研修制度を入社前に行っておくことによって、新規に雇用された人材も自身が従事する業務に対して理解することができるはずです。
企業において、内定者研修の研修内容というのはより効果的なものでなくてはなりません。研修内容が充実していなければ、新規に雇用された人材を即戦力とすることはできないでしょう。それは、内定者研修を実施する意味がない上にコストの無駄です。そのため、研修内容は効果的で充実したものである必要があるのです。その研修を受講する新規雇用人材についても、研修内容が薄い企業への就職というのは将来的な不安材料となるでしょう。また、企業側が内定者研修を実施しないといったこともあります。内定者研修を実施しなかった場合、新規雇用人材からは面倒見の悪い企業だと思われ、従業員満足度を下げてしまう可能性もでてきてしまいます。人材不足が問題視される現代において、人材を定着化されるのは企業にとって重要な課題です。内定者研修というのは、新規に雇用する人材を企業に定着化させるためにも必要な研修なのです。